全力日和

俳優 窪田正孝さんに前のめり

劇場版 MARS ~ ただ、君を愛してる ~

f:id:somewak:20160629165834p:plain

ドラマの最終盤でついに牧生の本性が明らかになり、映画へと突入した MARS。公開になり観てきました。整理するために2回観ちゃったよ…(^^:)感想綴ります。

 
いいところもあったんだけど、まずは物足りなかった点から。それはドラマ版には確実にあった〝勢い〟の無さでした。原作読んでないんですけど、このドラマの売りってやっぱり「残酷さ」で、そこが主軸に感じられなかったのが一番残念だった。牧生だけじゃなく零やキラにも結構極端な心理設定をしているわけだから、そう思わせてくれる材料がなきゃ。そこを回想だけに頼ってしまっているのが最大の残念ポイント。大変申し訳ないがチンピラ殴ってるだけの樫野くんから、そこまでの狂気は感じられないし、カタルシス弱い。太陽のような男ってのは存分に味わえたけど、脆くてアブナい樫野零も脚本で描いてほしかったですね、同じくらいのボリュームで。そうすればキラと牧生の間で〝揺れてる〟感じが出るし、それでもキラを選んだってことに感動できたと思うんだよなあ〜。あっ。原作だとどうなんですかね、そんな話じゃなかったらゴメンなさい。私の願望だけで喋っちゃってます(^^:)
 
全体的にテイストの擦り合わせが上手くないのも気になりました。そういう人間のダークな部分を扱いたいと言っている割に、主人公カップルが喋ってる内容が割とどーでもいい(笑)イベント上映時に笑いが起こったという「砂のお城」シーンとか…あれ必要だったんですかね(^^:)充てられるエピソードが凡庸すぎて全然ダークモードにならない…それから(これはドラマからだけど)牧生の子役時代に着てるセーターが今とおんなじとか…変なディテールにこだわってるとこもちょっと苦笑い(^^:)小さいことなのかもだけど、ノイズになると案外尾を引いて気になっちゃうものです…。
 
ただし!私もブログを書くためだけに2回観たわけではない!観たいシーンがあるからこそ行ったのです(こっから褒めますよ!笑)やっぱりアタシはファンなんだなっていうか、楽しい窪田体験が出来たのは間違いないです。キスシーンばかりひとり歩きですが、なんといっても美術室のシーンですよね!「だって興味ないもん」ですよね!!(拳)演技に合った編集とカメラワークも最高でした。その前ののたうち回ってるところとか、デスノの最終回もそうでしたけど「周りを人が取り囲んだ状況」で見せる窪田くんひとりのお芝居って、本当に空気感が独特でたまらない!いやあ~また磁場を見ちゃったよ。意気上がりましたー(´∀`)ほか「甘い恋愛なんてくだらない」のアツい眼差しにもやられたし、何気にエンドロールも、いつまでも眺めていたくなる、そんなレベルの美しさでした♡
 
牧生ちゃん、ドラマでは溜めに溜めてたから映画でもっとその背景を明らかにしてほしかったな…綺麗に撮って頂けたことには満足してるけど、映画でも基本モノローグ頼みなのが辛かったです。
 
f:id:somewak:20160629160800j:image
 
仕事の関係で舞台挨拶等のイベントになかなか行けないんですが、この映画の宣伝はなかなかお金もかかっていてよかったですね。行きたかったなー。ここんとこキャラが絶賛迷走中の窪田さん。来年の今頃は宣伝も取材も、もっと大変だよ^^*