読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全力日和

俳優 窪田正孝さんに前のめり

THE LAST COP episode1&2

f:id:somewak:20150623140549j:plain

試写会で観たとき「やたら勢いあってともすると暑苦しいドラマ」という印象すらあったのですが(笑)自宅のテレビで2度目を観たら、そうでもなかった『THE LAST COP』。配信のほうで観た episode2 のほうと合わせて、面白かったです。^^ 

 

そりゃまあ…諸々ご都合すぎるとことかはいっぱいありますが(^^:)なんていうか…これはオンエアされてるのが日テレさんということもあり、『あぶない刑事』から続く系譜というか…「大袈裟で当たり前」「あり得なくて当たり前」で、むしろそれを受け入れちゃってる自分がいましたね(笑)

 

舞台挨拶や色々なインタビューで、やや苦笑気味に(?笑)唐沢さんが仰ってた「撮ってるうちに、どういうジャンルのドラマなのか、よくわからなくなった」っていうの、ちょっとわかるような気がしました。唐沢さんが繰り出すアドリブや現場の熱量で、当初予期していなかったようなものが生まれたのかな?(たぶん始めはもう少し骨太なものを考えていたのではと推測)「勢いあるなあ〜」って感じたのも、アドリブきっかけで芝居がどこへ行き着くかわからない。そんなスリルが投影されたものだったのかも。

 

そして窪田さん。みーんな思ったと思うけど(笑)ホント、ケイタが帰ってきたみたいでしたよね(笑)そして確かに「ついていくのが精いっぱい」に見えた(さらに笑)ただ、まだまだ主役との(精神的)絡みは少なく、3話以降京極とも互いに影響し合っていきそうです。一応アクションパートとかもあるみたいなので、そこも楽しみだな。

 

とにかく元気いっぱいに、飛んだり跳ねたりすっ転んだりしている窪田さんを(実際にそういうシーンがあった訳じゃなくて、印象の話ね ^_^;)久しぶりに拝めた気がします。滅多に使わないフレーズですが、この類いの彼のお芝居、観ると元気貰えるから好きなんですよ。団塊世代のオヤジが若者みて「おお~やっとるなぁ~」って言うような。ああいう気持ち(どんなだよ笑)

 

初回の数字もよかったみたいで何より(^^)そして日テレの宣伝がスゴイ(笑)しばらく配信でしか拝めませんが、亮太の成長を思うと、先が楽しみなドラマになりそうです。

 

最後にね。今回“草食系デカ”ということで、ピストルを構えつつも、なかなか撃てない亮太クン。長い時間構えのポーズが見られてシアワセヽ(´▽`)/ 草食ありがとう!萌えだーーー!(笑)