読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全力日和

俳優 窪田正孝さんに前のめり

THE LAST COP 完成披露試写会

f:id:somewak:20150603124544j:image
 
なんと幸運なことに抽選に当たり、お邪魔してまいりました。ラストコップの試写会。テレビの取材がだいぶ入っていましたので、ワイドショーでも沢山とりあげられていましたね ^^ 華やかで楽しいイベントでした!
 
f:id:somewak:20150603154427j:image
キャスト紹介時のランウェイウォーク。30年ぶりに目覚めた主人公という設定にヒントを得て、皆さん80年代テイストでのお衣装で登場(動画から頂いちゃいましたスイマセン)
 
イメージしたのは吉川晃司さんのデビューの頃とか。なるほど確かにそんなデザインですが、唐沢さんも触れてくださったように、全然いまっぽい!竹の子族とかじゃなくてよかったですよね(笑)
 
それにしても、いくぶん照れはあるものの窪田さん、ステップの軽さと歩きの姿勢がたまらなく素敵で、ホント「風が吹いている」ようでしたよ。恥ずかしがっててこれだもの、いつか何かで大真面目にやって頂けないでしょうか。なんかある?そういう役ってw
 
ステージ上はほぼ唐沢さんと、司会のますおか岡田さんが喋り倒す展開。窪田さんはやや控えめでしたが、お二人のトークに終始爆笑モード。唐沢さんが現場でもいつも笑わせてくださってたんでしょうね。役柄そのままに「唐沢さんについていきます!」的なムードがここでもよく出てました。すごく勉強になったと言ってたし、撮影期間の長さ以上の濃いつながりが窪田さんの受け応えからも感じられて、嬉しかったです。
 
舞台挨拶後に、episode1の上映。80年代ネタが冒頭から満載で、当時をリアルに知る私にはツボるツボる(笑)しかも、既に公開されている予告編のテンションが“全編にわたり”続きます、もーう熱い熱い!お芝居に勢いがありすぎて、ストーリーが入ってこないとこあったぐらいでしたよ(笑)
 
比較的静かな場面の話も少し。京極サンが亮太の部屋に転がり込むということで、室内での二人のやりとりが、かなりいいです。ご存知の通り、窪田くんの演技って普段の生活、ただベッドから身体を起こすとか、冷蔵庫から飲み物を出すとか、そういうのにめちゃくちゃ惹き付けられたりしませんか?今回もその意味で十分に私たちの萌えを(?笑)満たしてくれそう。乞うご期待です!^^
 
初回ならではの意気込みが、全キャストから伝わってくるかのような熱量のドラマ。窪田さんの演技にも若干の暑苦しさを感じますが(^_^;)何しろ唐沢さんがそのぐらい「出して」きてるので、妥当なラインですかね。2話以降はもっともっと馴染んでくると思います。また、唐沢さんによると「亮太のキャラが終盤にかけてどんどん崩壊」してくるんだとか。いまから楽しみです。
 
地上波OAの後に書くこと無くなっちゃうんでアレですが、受けた印象の話をもうあと少しだけ。今やってるアルジャーノンもそうなんですが、最近窪田さんのどんなジャンルのお芝居を観てもビジュアルの良さにまず目が行くというか…まず一番最初に「綺麗だなあ」と、ちょっとウットリしている自分がいます。このところのお仕事の充実ぶり、自身への注目度の高まり、そんなのが影響してるんだとしたら…あぁ…高まるなあ〜。
 
そういえば昨日の試写会、決して大きな会場ではありませんでしたが、Huluさん初のオリジナルドラマということで多数の取材が入ってたり(カメラのフラッシュは結構なボリュームでした)お偉方と見受けられるような人も多数来場されていて、業界内の注目の高さも伺えました。
 
郵政さんのCMに話題作への主演、そしてこのラストコップと。あのイカツい両肩の上には、相当なものが乗っかってますね(笑)
 
ともあれ、頑張れ。頑張れ窪田さん。