読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全力日和

俳優 窪田正孝さんに前のめり

アルジャーノンに花束を 第4話

f:id:somewak:20150502051943j:image

野球窪田が、想像以上の破壊力でした。私(だけじゃないと思うけど)やっぱりスポーツ出来る人に弱いーーー(笑)ちゃんと野球をやってるところを一度見てみたいと思ってたのに、ケータイ捜査官7のこのシーンぐらいしか無かったから…。
 
f:id:somewak:20150502064433j:image
 
あれ。コレは「右打ち」だけど、今回のアルジャーノンは「右投げ左打ち」だな。2年前くらいにTwitterで「どっち打ち」なんだろう…って呟いたことあったけど、あれー???スイッチヒッターなの!?(笑)答えは藪の中…(^^;;
 
それにしても、この回…明らかにカメラマンさんが窪田さんに対し、オイシイ絵を〝撮りに〟行ってるし、編集さんも実にいい仕事してる!(カラオケシーン、顔アップからのINとか♫)もう有難うございますと言うしかないですね。Pゴロ捌きをこんなにリピートしたことが、かつてあっただろうか。いや、ない(笑)
 
柳川のお芝居。今回はメリハリというか。アゲアゲなところはこれまで通りなんだけど、不意に訪れる咲人の変化に気がつくシーンとか、よかったですね。てか、やっぱり窪田くん芝居が細かい。そこまで意識してないのかもしれないけど、サクちゃんが退院して戻ってきた日、社長に「あいつ頭よくなったんスか?」のトーンも、しっかり心配を覗かせていて…たった一言なんだけど、キャラクターが何を考えてるか滲ませてくる。彼のこういうお芝居が、とても好きです(^^)
 
どの程度までかは未知数ですが、なんとなくあのお嬢様の友達・舞チャンといい感じになっていきそうですね。メインロードにはなり得ませんが、スタッフが窪田さん推しなのは充分わかりましたので(オイ)今後に期待しておきます(^^;;
 
手術が終わり、来週はいよいよ咲人が〝目覚める〟んですね。ホントこのお話、やりようによってはもっと極端な描写に走りそうなものを、加減が絶妙というか、温かい余韻が残ることに最大の配慮がなされてる気がしていいですね。原作既読組としては、今後の咲人に起こる出来事が決してハッピーなものでないことがわかってたりするんですが、術前の咲人がすごく幸せに見えたので、今後何があっても、あまり暗い気持ちにはならないというか…続きを待つテンションとして、とてもいい感じです。
 
もう次、5話?早いなあー(^^;; 全体的にキャストのお芝居も、すごく馴染んできました。どちらかというと序盤、研究センター内の生々しい人間関係のほうに興味がいってたんですが、ここへきて花屋の面々にも愛しさ出てきて嬉しい限り。ナンパで誘ったのに、あの野郎カラオケっぷり……
 
それじゃモテんわ(笑)