全力日和

俳優 窪田正孝さんに前のめり

私の好きな窪田正孝で帰れま10 - 前編 -

Twitterのほうで少し前に「私の好きな窪田正孝帰れま10」という企画…企画っていうんじゃないけど(笑)そんなの決めて盛り上がろうってことがありました。結構人によって「好きな窪田さん」とその理由が違うもんなんですよ。面白かったです。

連続ドラマも終わって、2014年もあとわずか。もう来年は甲乙つけられないどころか「ぜんぶ1位!!」みたいな役ばっかり来るんじゃないかと勝手に期待している中、順位をつけられるのもまた幸せかと、この機会に好きなキャラをランキングにして記事にしてみました〜。それじゃ、行ってみよっ。

 

第10位 五十嵐  亘(リミット)

f:id:somewak:20141226134617j:plain

いがぴーの何が素晴らしいかって、髪型ですよ髪型(笑)

おでこ出してるのに、オールバックじゃない。全体的に長めだけど、心也や黒さんほど前髪は長くない絶妙さ。そう、髪フェチな私が黙ってない。

加えてブレザーとチノパンという知的な先生のルックが本当に私好みで、もちろん子役チャンとの愛らしい絡みや全力の土下座など、お芝居でも魅了してくれましたが、時々ドキッとするくらい綺麗なビジュアルがたまらない、五十嵐センセイなのでした。なんでこんな不必要なまでに(オイ)綺麗だったのかなー。心也さんと時期が重なっていたからですかね(^^;)

 

第9位 椎名 高弘(JOKER 〜許されざる捜査官〜 )

f:id:somewak:20141226165005j:plain
椎名は重盛→捨蔵からの流れで初めて観た「現代の窪田くん」で、すごく思い入れがあります。ホント言うともっと上の位置でもいいんですが、やっぱり最後はゲストってところで点を引いちゃったかな…(正直)でもファーストインパクトは忘れません。時々見返していますが、殺人のシーンはいまだに恐ろしい。繁華街歩くときちょっと振り返っちゃうもん(笑)今年はいい人の役が多かったので、そろそろこっち路線もよろしくです。^^
 
 
第8位 葉山 洋平(はさみ 〜hasami〜 )
 

f:id:somewak:20141226165024j:plain

過去記事にも書きましたが、洋平くんの「自分の弱さを隠すために、ふざけてしまう」っていう設定だけで、胸を打つんですよね〜。序盤の徹底した自己否定、および自嘲した物言いが印象に残りました。映画自体も青春のホロ苦さみたいな感じがよく出ていて、好きな作品。観終わったあと、誰よりも応援したくなるキャラ第一位はまだ揺らいでいませんよ(笑)公開よりもずいぶん前に撮られた映画。こうして見るとあどけないですね。

 

第7位 小倉 庄次郎(十三人の刺客

f:id:somewak:20141226165149j:plain

正直7位〜9位はどれがどの位置でもいいって感じなんですが、作品が大好きなのでこちらが上位。あと「この大御所わらわらの中にいながら、ちゃあんと光ってる♡」ってとこのムネアツ要素ね(笑)庄次郎は面構えの良さが一番の魅力。新左衛門のもとに師匠の推挙で初めてやってくるこのシーンは、瞳のまっすぐさ、10代の侍の瑞々しさに溢れてます。何度観ても素晴らしい!
 
 
 
第6位 神咲  麗(闇金ウシジマくん Part Ⅱ )
 
f:id:somewak:20141226165049j:plain

6位に麗!上すぎたか?(笑)いや〜自分でもよくわからないんですが、好きなんですよ〜。見た目が大切なホストの役でしたが、私が惚れたのはむしろそっちではなく中身のほう。青二才がてっぺん目指してイキがってる妙な自信満々ぶりと、怖い物知らずにのし上がろうとする生き急ぎ感が大好きでした。それでいて、貢いでくれる中年女にはペコペコして、本当に彼を支えたいと思っている彼女にはあしらうような口の利きようといった小物感もたっぷりで、意外に奥行きのあるキャラなのではと思っています。これは映画館で観たきり。DVD欲しいなあ〜。

  

ということで。10位から6位の発表でした。5位から先はまた改めてになりますが、今日の時点で悩みまくってます(笑)決めきれるのか!?(自信ない)乞うご期待!