全力日和

俳優 窪田正孝さんに前のめり

Nのために 第9話

        f:id:somewak:20141213171015j:plain

 (心の中で、ですが)とにかく諸々「ギャーッ!」となった1時間でした。ここ何回かの成瀬くんの破壊力、マイルドだったから・・・(^^;)
 
さざなみに誰が火をつけたのかが明らかになりました。やっぱり・・・というか、お父さんが噛んでいたのはなんとなくわかってたのですが、なっちゃんがその証拠隠滅をしていたことまでは全く考えが及ばず…(まずここでギャーッ!)よく考えたら、警官である夫に言えないというのは余程の理由ですよね。警察官の妻が一番してはいけないことをした…。火事の後ずっと高野さんに遠慮しているふうだったのも、そのせいだったんですね。
 
夏恵さんはオリジナルキャラですが、毎回なんとなく目が離せない存在感で…驚愕ですよ、主人公以外にも「罪の共有」をしている人がいただなんて。そりゃあ印象に残るわけだ。成瀬父の葬儀のシーンであんなにわなわなしてるのも、これまた(笑)余程のことかと思いましたが、確かに、秘密を知っているのが自分ひとりになってしまったんですものね、もの凄く納得がいきました。
 
これを受けて今、とても第4話が観たくなっているわけですが(^^;)それ以外にも見返して押さえておきたいポイントがボロボロ出てきそう。火事で死ねなかったお父さんの絶望はいかばかりかと思うし、それを薄々わかってたのにとうとう聞けなかった慎司。実は慎司が島を出ていくことに、これまであまり強い動機が感じられなかったんですけど、真相を知ってまたまたギャーッとなる。「火事の後、ほとんど目を合わさんようになった」お父さんとの微妙な距離感…息苦しくてたまらなかったと思う。島を出ることは希美同様、ある意味では彼にとって〝逃避〟だったんだね…そんなふうに思いました。
 
元々長い期間の人間の移り変わりを描いた作品は好きなんですが「Nのために」はとにかく2014年の深みがすごい!そして成瀬くんに関しては序盤で「なんでそんな体温なさげなの?あの頃の成瀬くんはどこ行っちゃったの?」ってのが、この9話で、ちゃんと輪郭を伴って説得力あるものになってきました。父親の罪も、嘘をついた希美の思い違いも、父親代わりの人間に長年ずっと疑われてきたことも、みんなみんな内側にしまい込んだ。憎しみとか苦悩とかじゃなくて、実に静かに、そして優しく引き受けてきた。それが全部!2014年の成瀬くんには現れているような気がします。あまり褒めたくないんだけど、この役作りはすごいよ窪田くん!!!(このパート、ギャーッて言い過ぎ)笑
 
その他、ここでいちいち書かずともいいことですが、希美が自宅のバルコニーから成瀬を見下ろしているところは完全に第二話の「もう成瀬くんとは話さん」の対だし、某感想欄見てたら、「なんで成瀬くんがここにおるん」から希美を連れ出し、何か着せてあげる(15年前は上着 現代はマフラー)構図も一緒と見抜いていた人いてビックリしました(笑)確かに〜〜〜。こ、細かい…で、でも楽しい…。
 
        f:id:somewak:20141213213607j:plain
 
公式さんによれば、あの「一緒に島に帰らん ただ一緒におらん」はプロポーズということなんですが、私ちょっと解釈違くて…(^^;)先のない希美にとっていま必要なのは「結婚」という未来じゃなくてホント、ただ傍にいること。この「ただ」の部分にすごく成瀬らしさが詰まってて、私は逆に「結婚」にこだわる安藤との対比なのかと思ってました。これは自分が結婚しているせいも絶対あるけど(自爆)結婚しないで「ただ」あるがままのほうが崇高な気がするし、それが純愛ってやつじゃないのかしら…ダメかなあ公式さん(笑)
 
第2話で地べたに這いつくばって「俺に何ができる」って言ってた成瀬はもう居ない。15年経って希美のピンチに何をするかで迷ったりしないし、受けなくてもいい話は「で、上には行けたの?」なんてサラッとかわすこの包容力。しかもここ、短いけど慎司が火事のトラウマから抜けだせたってのが確実にわかる雰囲気で、それもすごく彼を逞しくみせた。みなぎる力強さと、押しつけでない穏やかな優しさ。このシーンはちょっともうなんかよくわからないくらい動揺しました。私としたことがーーー。悔しい(笑)
 
さっき諸々が全部2014年に現れてるって記述しましたが、現代の彼を形づくっている最後のピースが、まだスカイローズガーデンに残されています。これも感想欄からの受け売りですが(笑)「事件のあと連絡を絶った杉下の気持ちがわかった」の意味も、あの現場で何があったかを受けてのことのようですね。第9話の衝撃でかなり目の前がチカチカしている状態ですが、これを上回るものがまだなんかありそう。そうそう血まみれの手繋ぎも残ってますね!そして希美と早苗さんの親子にも光が…!いや、号泣必至だわ。終わっちゃうのホント寂しいんですが、最終回までこんなワクワクさせてくれたスタッフさんにも本当に感謝です。
 
あ。興奮のあまり大事なこと言い忘れた。この記事から新しく「はてな」のほうにブログを引越いたしました。過去記事は全部読めるんですけど、レイアウトとかがおかしいところはこれから少しずつ直していきます。これからもどうぞ宜しくお願いします!(業務連絡でした)
 
広告を非表示にする