読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全力日和

俳優 窪田正孝さんに前のめり

Nのために 第8話

窪田正孝 Nのために 連続ドラマ
f:id:somewak:20141212204314j:plain
  
「誰がどのNのために動いたのか」が、ドラマ始まる前のキャッチコピーだったかと思いますが、こと希美に関してはそれは全員だったよね?と自信を持って言えるくらい、主人公とそれぞれのNの結びつきが強いですね。第8話は希美と西崎の、過去の思い出と現在のお互いを慈しむ何気ない会話が泣けました。西崎は奈央子さんが大切という図式だったけど、出所してすぐに希美の居場所を探してた。ミステリーなので本来なら放火と殺人のほうに重きがあるのかと思いきや、希美の病のことも含め2014年もしっかりボリュームとってきますね〜。ホント、どこも抜かりがない!
 
N作戦Ⅱ においては、成瀬くん逡巡するものの、結局は大切な人を救い出したい気持ちがよくわかるから、と西崎さんに協力を申し出ます。かつての自分の姿と重ねてるんやね。
 
物語の最終盤に向けて、はじめ希美の N が誰なのかばかり気になってたけど、もしかしたらそういう方向じゃなくて、もっと大いなる、というか包括的な愛を言いたいのかな?と考えるようになりました。西崎&希美のシーン観て余計思った。大切な人は一人ではないし、大切さに順番もない。そういうオチはつまらないと正直思ってたのに、これまで積み上がったものがあるから、なんかすごく納得というか…。
 
でもって、成瀬安藤西崎の3人が「杉下のために」っていうのがホント自然に受け入れられる。そのぐらいこのヒロインは魅力的ですね。女の登場人物にここまで入り込めるのって珍しいです私。
 
さあ、いよいよ佳境!結末考えるのは楽しいんだけど、終わってしまうのは淋しい…。色々なキモチがないまぜになり、最近はテレビ誌のあらすじとかも読んでない!知るのが怖い(笑)
 
安藤西崎が本当に素晴らしくて、成瀬ここんとこちょっと存在薄めなんですけど、まだまだ魅せてくれるはず!(なんのこれしき!)結婚した相手より後に死ねと、血まみれの手繋ぎを楽しみに残り2回を待ちたいと思います。
 
最後にオマケ。
 
f:id:somewak:20141212204337j:plain
 
この落差があり過ぎて…(^_^;) どう自分の中で消化していいかわかりません(笑)