全力日和

俳優 窪田正孝さんに前のめり

Nのために 第5話

f:id:somewak:20141216144140j:plain
まともな金じゃないに決まっておろう…。
 
窪田さんの出番は少なめでしたが「面白さ」で言えばこの回が一番だったかも。沖縄の海、野ばら荘、高層マンション、金の受け渡し場所など、場所がポンポンと変わるし、相変わらずキャストの皆さんがいいお芝居してる!(徳井さんもよかったよ!笑)あっという間に観終わってしまいました。
 
色んなことが対比として出てきてる感じ。安藤が希美の手を引いて…という描写は確か2度目。しかもいつもちょっと強引気味なんですよね。〝太陽のような〟男、安藤がいつもいい方向へ希美を導いてくれるイメージなのかな。手を繋いだはずの成瀬くんは変わらず心の中に居るものの、いわば「島そのもの」を思い出すような存在よりも、未来を感じさせてくれる安藤に希美は少しずつ惹かれていくんですね…いやこれ切ないわ。
 
安藤が本当に魅力的で、いわゆる〝当て馬〟感がないのが素晴らしい。島の時はもう成瀬くんじゃなきゃ絶対ダメ〜!なんて言ってたのに、いつしか「杉下と同じ方向を向いているのは安藤」てなことを考え始めてる自分がいます…時の流れって、視聴者にとっても残酷ですね。ごめん成瀬(笑)
 
一方その成瀬は落ちるとこまで落ちてます。安藤が太陽ならこちらは月なのかしら。野望を叶え始めた希美ともきっちり対照的に描かれます。眩しさの中にいる彼女を追うことも叶わず、目標も見えず、帰りを待つ家族も失ってどん底…。この回の窪田さん、大きく感情を露わにするシーンはありませんでしたが、とにかく生気のない表情が印象的でしたね…。とうとう逮捕されちゃうしさ、成瀬。一体どうやって浮上するんだろう〜。
 
気づけば第5話で、ドラマも折り返し。普通ここまでトピ立てしちゃうと散漫になるのではと思いますが、いまのところ失速感は無いですね。西崎の不倫、安藤の急接近、成瀬の荒み、何かを隠してる高野妻。そして殺人現場で行われたこと、罪の共有…全てに興味が尽きません。
 
さて次週!いよいよ事件の起こる2004年に突入です。成瀬、そろそろ希美チャンと再会しとかないとマズイよ(笑)