読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全力日和

俳優 窪田正孝さんに前のめり

ST 赤と白の捜査ファイル FILE03

6AA8F6B3-BE08-4A2B-87DD-61A6EBA3EDC4.png
すごい好みの人が出て来て動揺しました…ハァハァ
黒崎メインの回!それほど奥行きのあるお話じゃなかったけど(^^;; よく観ると結構ツボがあって、せっせとリピしてます、面白かったです!
1DE198D4-C78F-4D5C-ADEE-253837237851.jpg
現場検証に黒崎がやって来るシーン。赤城さんみたくズカズカと踏み込んで来ることはないんですね(笑)「中に入れろ、って顔しやがって(by菊川さん)」って…可愛いぞオイ(笑)ヤクザの事務所にはドア、バーン!で入っていけるのに。呼ばれて来てるってのに…(^^;; モジモジして辺りをうろついてたんでしょうか。その黒崎の絵を映しといてくれよ…( ̄▽ ̄)
他にもこのシーン、萌え度が高いですね!(百合黒って言うんですか?笑)距離感が注目されがちなのはだいたい赤と白ですが、百合根クンは、実はみんなと心を通わせたいんだよね。そこが某シャー◯ックとはちょっと違うところで、この百合根刑事のキャラクターは実に愛らしいです。そんなオープンな百合根の振る舞いに動揺を隠せない赤城さんもまた…ツボだなあ。
4C25EF39-AA4B-40BE-AEAC-8D1F214C4986.png
後半のアクションと並んで眼福だった、冒頭のスパーリングシーン。正味1分とはいえ、ファンには「こんな窪田正孝が観たい」の欲求を存分に満たすもので、嬉しかったですね。あともうひとつ、黒崎とシゲの「拳でわかりあう」友情を描くために、わざわざこういうシーンを撮影して入れて来るあたり、制作の方々の作品への愛が滲むというか、印象としてとても丁寧なものを感じました。
そして、パンチの打ち合いが全然違和感無く、とてもサマになっていたのにも、ひとしきり感心。もちろんお相手が石垣さんだからということもありますが、アクションの基礎としてこれは朝飯前なんでしょうか?それともちょちょっと練習すれば、大したハードルでもないのかしら。いずれにしても、俳優さんって凄いな、STばりにスーパーマンだわ(笑)
もう一回ぐらい、黒崎大フィーチャーが観られるでしょうか。やっと臭いを嗅いでくれたので、先端に怯える黒崎も見てみたいです! 以上、第三話の感想でした。