全力日和

俳優 窪田正孝さんに前のめり

花子とアン 50ボイス

image.jpg

今月から少し環境が変わりまして、なかなかパソコンに向かえなくなりました (´・ω・`;) 3月だいぶサボってしまったというのに、今月は更にかもしれません、ごめんなさーい。ボチボチ頑張っていくので、よかったら時々覗いてやって下さいね (^_^;)

さて!我らが窪田くんの久々の連ドラ!朝の連続テレビ小説花子とアン」が、始まりましたね。彼の演じる朝市に関しては、農村育ちの汚れた格好ばかり先行して脳内にインプットされておりましたが(笑)先日の番宣も兼ねた「50ボイス」では、撮影の合い間のいわゆる役を離れたご本人が拝めてよかったです。(しかし、こんなに汚れていても 俳優 窪田正孝 になると、カッコいいんだよなあ)

演技を観る前から「なんか気ぃ弱そうだなあ。言いたい事もロクに言えなさそう… ^^; 」という雰囲気ムンムンだったのですが、本編の子役ちゃんを観てもどうもそんな感じ。しかも昨日観たオンエアによれば、朝市は文字の読めない花子の家族に代わって、手紙を代読したり書いたりするみたい・・・(泣けるじゃないか)

この50ボイスでも「彼女の気持ちが動くと、朝市の気持ちが動く」なんて、詩的な事を仰っているではないですか!実際のお芝居においても「花子の笑顔を観ることでリアクションが変わってくる」とか。まず「花子ありき」なんですね。当たり前っちゃ当たり前ですけど、役によってはそういう、言わば「受け身的」なアプローチもあり得るんだ〜。彼の演技論みたいなトコが垣間見えたような気がして嬉しくなりました。^ ^

まだ数話しか観ていませんがこのドラマ、朝ドラでありながら、すんなり予定調和って感じでもなくて私好みなのかもと、ちょっと期待しています。「赤毛のアン」は子供の頃にアニメを観ていたのですが、そんなに嵌まれなかったのでどうかな〜と思っていたんですよね、これは嬉しい誤算です。

それにしても…来週の朝市の登場はどんな感じなんでしょう。どうもキャラクター的にも、朝ドラでのご新規獲得は揺るがないって感じがします。朝ドラでの人気ってジワジワと上がってくるイメージ持ってたんですけど、この雰囲気ならパーンと人気が爆発しちゃうかもしれないな〜(どこか他人事 笑)

この50ボイスで強く思ったこと。窪田くんやっぱりちょっと見た目変わった?確実に「一般的なカッコ良さ」を身につけてると思うんですよね(大変失礼ですいません)去年のおシゴトの充実ぶりが現れてるのは間違いないですが、あと普通に25歳ってオトコ盛りなのかしらね〜。

あ、オバチャンが言うとなんだかゲスいですね、すいません(笑)ではまた。