読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全力日和

俳優 窪田正孝さんに前のめり

古代少女ドグちゃん #2

image.jpg

前回の引きこもり設定から一転、誠くん学校へ行く気になったようです。スゴい引きこもりじゃなくて、ライトなヒッキーだったということでしょうか。開襟シャツに黒ズボンといういでたちは、ドラマにおける高校の制服にしてはシンプルだな… ^^;

今回ドグちゃんが退治する妖怪は「ちちでか」。巨乳から針が出てきて攻撃したりとか、呪い(?)をかけられた男共の胸が風船のように膨らみ、空高く舞い上がるなど、ひとこと「く、くだらね〜〜!!」(爆)

いや、けなしてるんじゃなくて、もう全力でばかばかしい。あまりにもくだらないことに突き抜けていて逆に見入ってしまう!そのくせ空に浮かび上がった後、爆発して粉々になっちゃったり…(エグい)一応「女の子を胸の大きさで差別する」風潮にもの申す含みとかがあるっぽいんですけど、それよりなによりイッちゃってる感じのほうが先に立って、押し切られてしまう感じです(笑)

で、なんだか不思議なのが、このシュールな感じの中にあって、窪田くん演じる誠が実に〝普通〟な佇まいなこと。彼だけは特にデフォルメも、わざとテンションを上げることも、間抜けに振舞う演技もありません。キャラクター設定として、ホントに普通の高校生なんです。しかしながら、ドラマの世界にはきちんと嵌まってるんですよね〜。興味深いです。

うちの5歳の長男とかは、とりあえず1話も2話も、オッ◯イのネタが出てきたので大喜びですが(苦笑)次回はちょっとテイストが違うっぽい。私もここいらでちょっとエロからは脱却したいかも〜。汗

ドグちゃんと誠の距離もわずかに縮まったみたい ♡ 以上 第2話の感想でした。