読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全力日和

俳優 窪田正孝さんに前のめり

古代少女ドグちゃん #1

image.jpg

CSで再放送があったのを、ついに捕獲しました!『古代少女ドグちゃん』。えーっと…これ何年だ? 2009年か。ケータイ7以降の過去作で、まだ観ていないものは一応これで最後ということになります。ずっとレンタルしようしようと思っていたのに、こんなに時間が経ってしまうなんて…(^^;)>

すっごいヘンなタイトルだし、ドグちゃんのコスチュームはB級感が漂いまくりだし、どうなの〜〜?(汗)と思っていたのですが、案外(?)ファンが多く、また私好みのシュールな路線ということで、観るのを楽しみにしておりました。ちょうどいま朝ドラ前のアイドリング期でもありますし(笑)全話分の感想にトライしてみようと思います。

このドラマは「とにかく窪田くんが若くて綺麗」ということのみ、事前情報として仕入れていましたが(笑)その通りでしたね ^^ ただ「引きこもり設定」ってのは知らなかった!翔ちゃんより前にも演ってたんですね。新鮮な驚きでした。ケイタも引きこもり、とまではいきませんけど、最初どこか高校生活を謳歌できてなかったし、あと若き日の洪庵先生も上方に馴染めなくて悶々としていたし…この時期はそんなんばっかだったわけだ!(爆)

初回はプロローグですね。誠とドグちゃんの出逢い、ドグちゃんの基本性能的なところがエピソードの中で描かれていきます。訳のわからない事象に遭遇し驚き戸惑いながらも、力合わせて敵をやっつけていく、という点ではケイタと一緒ですね、妖怪かサイバー犯罪かの違いぐらいで。ケータイ7からのキャスティングだったのかしらん。

上川隆也さん演じるお父さんとは、あまりうまくいってないみたい。わだかまりがあって、引きこもってる原因もそこいらへんにあるようです。次回予告では誠とドグちゃんが学校にいましたが、ヒッキーから脱却できたんでしょうか。話の展開が楽しみです!