読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全力日和

俳優 窪田正孝さんに前のめり

ケータイ捜査官7 episode01「ケータイ、歩く!?」

image.jpg
なぜか萌え袖なんですよね…萌えすぎるw
どうしてか知りませんが、ブルーレイディスクのほうがDVDよりも安く売られていて、即座にポチってしまいました!(爆)『ケータイ捜査官7』の1巻。既にレンタルで1度観ていますがそれも随分前のこと…。初回のゲストが劇団ひとりさんなのも國村隼さんなのもすっかり忘れてしまっていたわ、私…(ダメじゃん!笑)ということで再び観てみました。 窪田君本人が「役者としての原点になった」と公言する作品ですが、ほんとにその言葉通りですね ^^〝原点〟という単語がぴったり過ぎ。初回から全力で走って全力で叫ぶ。それはそれは体当たりで胸を打ちます。 image.jpg ところで、二度目に観て思ったことは「あ  れ。網島ケイタくんって、こんなに美少年  だったか」ということ。ケイタに関しては  とにかく演技の熱量に驚かされてばかりな  ので、あまりビジュアルのこと気にしてな かったんですが、めっちゃ綺麗なコじゃないの!と、食い入るように観てしまいました(笑)それと同時に、このドラマの総監督・三池崇史さんが寄せていた『滝の白糸』パンフの窪田くんの紹介文句。「獣の匂いも嗅ぎ取れた。飢えた狼の胃液の匂い。理性では制御不能な業の放つヤバい匂い。」を思い出しました。え…こ、これが…そうなのか…って、いや、監督の仰ることもよ〜〜く解るんですが(笑)あんまりケイタが綺麗かわいらしいんで、そのギャップがなんだかツボで、クスッとなってしまいました(^^;) 最近の彼を観るにつけ、まだまだ学生服なんかも役で着てたりするものの、徐々に少年らしさともお別れなのかな〜と思う今日この頃です。19歳から20歳にかけての窪田くんの姿。このあたりの年齢が最近とても愛おしいんです。これからもっとオトナっぽくなられるでしょう?見た目がだいぶ変わってしまう前に、今年はこのあたりの作品を頑張って入手していきたい…。私の密かな目標ですw ケータイ捜査官は1年という長丁場。ケイタの髪型も少しずつ変化し、受ける印象も変わっていきます。そのへんも楽しみどころ。また新しい巻を買ったら、このブログでも取り上げていきま〜す! ^^