読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全力日和

俳優 窪田正孝さんに前のめり

【過去作探訪】パーフェクトブルー 第1話

年が明けて半月あまり。窪田君は朝ドラ頑張ってるのかな?情報ないですね〜ぇ(笑)

さて、今月TBSチャンネルで過去にご本人がゲスト出演された『パーフェクトブルー』『走馬灯株式会社』の2本が再放送されるということで、チェックしてみました。

まずは2012年10月オンエアの『パーフェクトブルー』。宮部みゆきさん原作で、若い女性探偵が活躍するミステリー。窪田くんは第1話のゲストですが、この回は星野真里さんが一番手。彼はその恋人であり、彼女を裏切ってなんと実の兄さんを殺してしまうという実にヒドイ犯人役で登場します。

image.jpg

窪田くん演じる井波孝はウィーンに留学を控えた音大生。ヤクザに追われる身となった兄を助けようと、兄が死んだことにする死体偽装事件を起こします。偽装と知らずに主人公がこの死体の第一発見者となるところから話が始まるのですが、この時の死んでいるフリ及び警察に事情を聞かれる辺りのビジュアルがなかなかよい。おお!この後どうなるんだろうと期待を抱かせます。

ただ、ここから先が少し残念。このドラマ、主人公一家にまつわる大きな謎解きも同時進行していくため、いろんなきっかけが多数投げられるんですが、いまひとつ盛り上げ下手と言うか…点と点が線にならない感じで、興味が続かないんですよね。

PBピアノ.tiff キャラ描写についても同様で、冒頭の

 善良さを装ってる井波から中盤、いき

 なりイケスカない態度の音大生になり

 ました(笑)ちょっと見た目も違いす

 ぎ?ここはオールバックのほうで統一

 したほうがよかったかもしれません。

窪田くんただでさえ〝化ける〟役者だからね、取調室が可愛らしすぎて(^^;)なんか同じ人が皮被っているというよりか、ぜんぜん別の人っていうふうに見えちゃったかな。みにくいアヒルの子が白鳥に生まれ変わるぐらいの変化が生まれるシーンならいいと思うんだけども。

PB殺害.tiff回想シーンも(窪田くんに関しては)少なめだったので、井波弟の切羽詰まった状況がいまひとつ伝わらないままだった気がします(ただし首締めシーンが確保できたのは貴重!ちょっとアガッた。不謹慎ですいません)

そんなこんなで、怒濤のネタばらしの時間帯へ。ここも描写が足りない割りには過激(笑)犯人井波が「自分は悪くない」アピールしたあとで、なんと彼の恋人がいきなりナイフでブスッ!(驚)そしてカノジョも刃を自らに向けブスッ!(えー)窪田くん星野さんの熱演をよそにどこか置いてけぼり感の出てしまった主人公(あと犬)。窪田くんが刺されて倒れてる間も妙に長くて…芝居の温度感も含め、なんだかあまり入れなかったなあ〜。うまくいえませんが「バラバラだな」という印象が残った第一話の感想となりました。お好きな方ゴメンなさいね、ちょっと辛口になってしまいました ^^;

書いてて気が付きましたが、この年も犯人役2回だったんですね。そして2年連続の2回だったんだ…ちょっと驚きます。もうひとつ土曜ワイド劇場で演じた犯人もいわゆる〝クズ〟で井波孝と似た毛色でしたね…。そちらも一応持ってはいるので、またなにかの機会に書いてみたいと思います。

そう思うと、去年の犯人役、野呂優人と山之内信吾は珠玉だったんだな…ま、犯人に格付けしてもしょうがないですがけどね(笑)