読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全力日和

俳優 窪田正孝さんに前のめり

【過去作探訪】はさみ hasami

hasami-1.tiff

(2010年製作 2012年公開)

 今年に入ってから初めて〝しっかり〟

 観た窪田作品『はさみ』。理容美容の

 専門学校に学ぶ生徒達の葛藤や成長を

 それに向き合う若い女性教師を主人公

 に描く群像劇。窪田くんは、学生のう

 ちのひとりを演じています。

ファンになってまだ間もない1年位前に初見。その時かなり派手に泣いた記憶があります。不器用なキャラクターは他にも窪田くん、たくさん演じてるけど、この葉山洋平くんはとりわけ、もう全力で「頑張れよ」と声をかけたくなっちゃう。応援したくなる、という点では私もしかすると、この洋平が一番かもしれません。

image.jpgだいたい「人と触れ合うのが怖い自

分をごまかすために、ついふざけて

しまう」設定って…たまらなく切な

くて苦しいです。写真は彼の出演冒

頭ですが、ちっとも可笑しく見えな

いんですよ。役の中身が語られない

内から醸し出されるこの繊細さよ…。

最初にdvdで観て、聞き取れなくて何度も巻き戻した洋平のセリフ、あれは機材でレベルを上げなきゃいけないくらいのボソボソ喋りだったようです。いつもは発声の良い窪田くんの、こんな喋り方。これもこの映画でしか味わえませんね ^^ 一方で、ただ陰気なだけじゃない。後半先生や先輩との触れ合いの中で、少しずつ立ち直っていく彼が、ボソボソとではあるが、若い男の子らしい冗談を飛ばし始めたりする…ものすごくキュンキュンします!抱きしめたくなるくらい愛おしいです。

公開は2012年ですが、撮影していたのは2010年で、窪田くんまだ21歳。別記事で触れますが、見た目も言動もまだまだ少年…(^_^;) 髪も短髪でフワフワしてて可愛いです。この映画、後半に窪田くんの手元がスロー&アップで映し出される場面があって、手フェチには堪らない(笑)内容なのですが、私は終始髪の毛のフワフワぶりに萌えてしまいました(爆)最近長めの髪が多いこともあったのでね…^^;

やっぱり私は「髪フェチ」だったか〜。改めて認識したぞ。

次の記事では、今回初見のメイキングについて書こうと思います (^^)/

ひとまずこれにて。