全力日和

俳優 窪田正孝さんに前のめり

三浦翔平さん

image.jpg
めっちゃアガル、この写真…

今日はクリプレとしてのライブ活動がどうやら最後になりそうな一日。淋しいですね〜。まぁ本質論的にいつまでもそれをやってるわけにいかないのは重々承知の助なんですが。 さて。11月からのバンド活動。これは映画の宣伝とアタマではわかっていても、なんかもうそれはそれ、これはこれで、映画からも原作からも離れてすっかりクリプレのファンになってしまった私(笑)当初は思ってもみませんでしたが、一連の活動で「バンドのメンバーとしての窪田正孝」的な発見も多々あって楽しかったです。 クリプレは4人でワンセット。当然、窪田くん以外のメンバーにも自然と興味が湧くというもの。 とりわけ、窪田くんと同い年でバンドのフロントマンを務める三浦翔平さん。お若い俳優さんって正直、窪田くん以外ほとんど知識がない…(^^;) 三浦さんの出演作もあまりよくは知らないのだけど、この人のMCの無駄の無さったら!なんというか…うちの殿様には無いスイッチなんで(汗汗)舌を巻くというか、非常に新鮮でもありました。 特に先日行われた、完成披露試写会のときの話。キャストと亀田さんの挨拶の後、小泉徳宏監督が締めにご挨拶されたんですが、ちょっと…なんというか…監督、例えがハイセンスすぎて(◎_◎)少し会場があっけにとられる場面があったんです (^^;) いわゆる「会話が澱みにハマる」というやつね(笑)するとすかさず翔平さん、監督に「どうしたんですか?監督。オシャレして…もしかして、クリプレに入ろうとしてませんか?」的な事言って笑いを取ってた。コレ、ホントは軽部アナの仕事なのに…只者ではない勘の良さ&機転の利きでしたよ。窪田くんも頼りにしてたんじゃないですかね〜。 音楽番組でのMCなどを観ていても「自分より他の人」っていうのかな、まず周りに目がいくタイプの人なのかなって思いました。前に窪田くんも出ましたが、雑誌 CLASSY の 88年生まれ特集でも「自分のような若手俳優はたくさんいるから…」的な事を仰っていて、すごく危機意識が高いんだなというか、自分をとりまく環境に敏感な人なのかなっていう印象で…(ファンの方違っていたらゴメンなさい) いま出てる JUNON の記事でも、窪田くんのこと「正孝はリミットを超えると〝オレ側〟の人間になって面白い(笑)」なんてかなり的確に評してくれてたり。

image.jpg
「ミューサタ」より。こういうことですよね、三浦さん(笑)

窪田くんにはない(?)方面の、三浦さんのこのスマートさ。クリプレの活動が終わった後も注目していきたいなと思います。 88年生まれの学年は、佐藤さん、三浦さん以外にもなかなかの豪華メンバー。お互い違ったカラーを持った俳優同士、仲間だったりライバルだったり…ともに高め合っていってほしいですね ^^