読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全力日和

俳優 窪田正孝さんに前のめり

唐版 滝の白糸 11/16(土)大千秋楽

image.jpg
於 シアターBRAVA 1階 I 列 16番
往復夜行バスの弾丸ツアーで、大阪で行われた滝の白糸大千秋楽に行ってきました。これまで都内で行われるイベントに地方から参加される沢山のファンの方にお会いしましたが、今回初めて私もその仲間入りです。こんなことで遠征だなんて自分には縁のないことだと思ってたのに、人生はホントわかりません(大袈裟) 戯曲の解釈とかは、もうある程度自分の中で完結したので、この大楽は気楽なもの。バス旅行の影響もあって不覚にも眠くなってしまいました…(コラッ ^^; )会場のシアターブラバは空間的にはコクーンと同じくらいに思えましたが、座席数はこちらのほうが多いんですね。いわゆるバルコニー席もなく、1階は傾斜も緩やか。お席がビッチリ!という感じでした。本来舞台鑑賞にはもってこいの位置なはずですが、前列にデカイ人が座るとかなり視界を遮られるという…(汗)けど、なんとなく「芝居小屋」のようなガヤガヤした中で観てるような…そんな錯覚を覚えました。大阪っぽくて(?)楽しかったです。作品の世界観にも合ってますしね。敢えての劇場設計なんでしょうか、いや、わからんけど(笑) さて。絶対に見逃せないアリダ降臨のシーン。通路を歩いている間にアドリブみたいなことする日もありましたが、この日は私が座っている席のすぐ後ろで立ち止まってもらえるという幸運!視線は遠くにやって「へらっ」という笑みを浮かべた後、一気に舞台へ上がった窪田君。カッコよかったです!最初のセリフを発声するここまでは、やはりアリダでなく、彼の俳優オーラを味わうパートなのかもしれませんね。 そして前半の銀眼鏡との掛け合い。これを観るのも最後かあ…。期間中の積み重ねもここに完結?声は青年のアリダですが、甘えっぷりが完全に幼児!(笑)平さんの首に腕を回してほとんどぶら下がるみたいにして銀眼鏡の顔を覗き込むアリダ。可愛いよ!!しかも業界の最重鎮に堂々やるか〜って (^^;; ヘンなところに感心してしまいました。 いつの回でも手抜きのない彼ですが、オーラスだからでしょうか…いつにも増して出力アップの演技だったと思います。ちょっと声を荒らげるぐらいのところが完全にシャウトだったり(笑)バランス的には違うのかもしれませんが、嬉しかったです。^^ 中盤の運送屋&羊水屋さんとのパートは、とても自由な窪田さんで、枝豆&らっきょさんの掛け合いにニカッと笑う仕草があったり、羊水屋さんが磁石に灰皿くっつけようとするシーンでは、それを邪魔しようとしたり…(ここは羊水屋さんが〝やりやがったな!〟って顔しながら退場していって笑えた)また、この前日にはもっとハプニングっぽいアドリブがあったようで…そんなところも含めて、この1ヶ月半ですっかり舞台人の振る舞いだあ〜。 大阪ならではのことが、もうひとつありました。大阪楽のお甲さん!すごく情熱的でよかったです。宝塚ご出身だから?んなわけないか。 ^^; 水芸のところも、コクーンではなんだかアッサリしていてツンとしたイメージだったのですが、この日は「渾身の芸」という感じが表情からすごく伝わってきました。妖艶そのもの。アリダと対峙するラストの決め台詞も、その溜め具合が感情の出し加減によくマッチしていたと思います。あのぐらい必死なほうが、お甲の非業な最期にうまく繋がるんじゃないでしょうか。って偉そうですが。 とにかく、色んなところで東京とは違った、リラックスしたムードの中終わった千秋楽。。蜷川さんがいらっしゃらないということもあり、いたってシンプル。最初に出てきたときだけ窪田さん、泣いているように見えたな。(わかんないけど)でもその後は終始晴れやかな表情。6回目のカテコの後、最後の去り際に平幹二朗さんが大空さん窪田さん、二人の手を取り合って声をかけ、その後三人で円陣を組むような形でガッチリと握手。お三方で引っ張って来た舞台のラストに相応しい、いい光景でした!(私のほうがちょっと泣いてしまった 笑) とにかくですね。東京の楽日もでしたが「これからも応援していこう」って思いました、ただひたすらに。そして本当に鮮やかにこの重責をクリアした窪田くんに脱帽。凄い人なのは分かってたけど、そんな私の見立てなんかよりも遥か上にいる人なんだな〜と。こんな凄い舞台でありながら「いや、通過点でしょ」と思っちゃうくらい堂々としてましたもの。 窪田くんって基本これからも映像作品がメインの俳優さんだと思うんだけど、この「滝の白糸」は彼の代表作って言ってもいいんじゃないかなあ。本当にこのタイミングで蜷川さんに呼ばれて、こんな私達ファンが悲鳴をあげるような(笑)演出つけてもらって…なんて素晴らしいんでしょうか。この舞台に立ち会えたことがシアワセに思えてなりませんでした。 大河の重盛もそうですが、このアリダもこれから始まる窪田君の歴史の布石になるような気がする…。来年…何かあるかな、ワクワク。 最後に。現地でお世話になった方々、ありがとうございました。ちょっと飲み過ぎました(笑)よかったら時々くだ巻きにつきあってください… ^^;