読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全力日和

俳優 窪田正孝さんに前のめり

おもむろに、金子くん

3日前に観た舞台にすっっかり魅了されてしまい、日常をこなすのに支障が出かかってます (><) こういう入り込み方…重様に堕ちまくっていた頃のことを思い出すぞ。マズイな…。 で、どこまでも堕ちていきたい反面、何か深みに嵌まるのが怖くもあり、まったくアリダと関係ない癒しを求めて、おもむろに金子くんを観てみることにしました。え?なに、その療法(笑)
image.jpg
「青春アルゴリズム」 2012年12月24日(月)O.A テレビ東京
初見以来観てなかった… ^^; まだまだ窪田くんに堕ちたてで、狂ったように過去作を観倒していた頃に出会った金子くん。お笑いの一歩手前まで作り込んでたキャラでしたね(笑)ゴメン初見時はいささか本気で「キモチワル」かった…。(役作りの賜物ってことでメンゴ!) けど、今観たら随所に可愛らしいぞ、金子!先生と、ベンチでおにぎりをほおばりながらのお喋り。「僕ら日本代表目指して、予選に向けて特訓中なんです」と言ったときのうっすいドヤ顔(笑)先生になかなか心を開けない部員のコが捨て台詞吐いて出ていった後の「ちょっと…追いかけてきます」の台詞も、「ちょっと…追いかけるポーズをしてみちゃったりなんか、してみます」といったニュアンスで。まことに愛らしい。^^ image.jpg でもって、よく見たらすっごい美少  年じゃん、金子!(笑)ポケッとし  た時だけでなく、PCに向かって集  中している時も口が半開きの金子く  ん。この〝なんだかいつも半開き〟  な感じもその類のコにいかにもいそ  うで、クスリとしちゃいました。 番組の後半10分程度、窪田君のナレーションによるドキュメンタリーが収録されています。事前にこのへんの映像は見れたのかしら。ここに出ている秀才くん達を参考にしたのかっていうくらい、この中にいても違和感ないビジュアルの、金子くんでした。 窪田君はこれが初のナレーションだったとか。確かに台詞をアフレコするのとは雰囲気違いましたね。「ナレーター」って感じではなかったかな… ^^; でも「頑張れ」とか、学生さん達を励ます系の単語には想いが込められていて、お人柄が伺えました。いいナレーションだったと思います。 てなわけで、今回の更新は極めてライトな感じでお送りしました。(あっ!この作品が軽い作品だって言ってるんじゃないですよ )滝の期間中はこんなふうに過去作からいろいろ拾って書いていこうかな〜。でないと、ホントに…アブナイ精神状態です (~_~;)