読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全力日和

俳優 窪田正孝さんに前のめり

スタンバイOK

飛べ!ダコタ舞台挨拶.tiff
新宿 シネマスクエアとうきゅう での「飛べ!ダコタ」初日舞台挨拶からのショット。私は行かなかったんですけどね…(画像お借りしました… ^^;) 既に言い尽くされておりますが、髪型変えてここまで印象が変わる人って、なかなかいないような気がしませんか…「アナタどなた?」っていう位、本当になんかもう全然新しく見る人ですよね(笑)光やいがピーはどこ行ったの!(爆) 改めて思い出すと、私がこれまで見た生のご本人の姿は、すべてオデコが出ていたぞ…。くそーやっぱり見に行くべきだったか?このイベント。(くやしー 笑)
後日確かめたら違ってました。 2月の「鈴木先生 補習」のイベント時は、前髪ありました!訂正します ^^;
それこそ「ちょっと無理して」万難排せば、行けないことはなかったんですけど、実はちょっと心に引っかかるというか…いや完全に妄想入りすぎて恥ずかしいんですけど、蜷川舞台を3日後に控えてどんな顔してるんだろうって、すっごいピリピリしてるんじゃないかとか、疲労で目が落ち窪んでるんじゃないだろうかとか、よぎってしまったんですよね…。 少し前「花子とアン」の会見時のお姿に際し「顔が幼い!少年アリダ入ってるのか!?」と興奮したのと同時に、実はそこそこ疲れが出ているようにも見えたんです。なので、このタイミングでの舞台挨拶、ご本人にお会いするのが少しばかり怖く感じる部分がありました ^^; しかし全くの杞憂でした。動画で当日の模様を拝見しましたが、髪型のせいで確かに見た目は少年なんですけど、声に張りもあるし、なによりとっても落ち着いてて…すごく自信のある表情されてるではないですか!きっと納得いく形でアリダが仕上がったに違いない。私にはそんなふうに思えてなりません(震える!!) 違ってたらゴメンナサイですが、最近読んだインタビューの中に「プレッシャーかかる仕事も、直前まであがくにあがくけど、いよいよとなったらあとはその現場(本番)の流れに身を任せちゃう」といった趣旨の発言があったような…。そういうモードに切り替わってきてるんでしょうか…。うわあ、高まる! 私も、この舞台観るためにメガネ新調したんですよ(笑)準備万端だあ。 いよいよ…いよいよです!