全力日和

俳優 窪田正孝さんに前のめり

リミット 最終話 感想

image.jpg

あれこれ想像して楽しんでいたことが懐かしいですが、リミットも最終話!私、窪田くん演じる五十嵐先生は、一歩も職員室から出ない役だと(何故か)思いこんでたんですよ。なのに、最終盤にこんなガチなロケで体を張っていようとは!予想もしてなかった!

テレビで観ていてもかなり急な斜面。山道を歩くシーンはあるし…大変そうだあ。でも、物語のラストに向けて状況の過酷さが、映像面からもしっかりと伝わります。転落したバスを空撮した絵も好きだったなあ…。橋のシーンも。観ているほうも高まるってものです。でもって、ここにあの軟弱キャラだったいがピーがいるなんて!(おかしいくらい必死に山登りしているが)

image.jpg 

 さらに細部にもこだわりアリ。いがピーの似

 顔絵付き旅行のしおりです。第10話、マス

 コミに声を荒らげた後に泣き崩れるシーン、

 いがピーのお尻のポケットにちゃんと入って

 るんです。片時も手放さなかったんだなぁっ

 て分かる演出。いがピーにとっては生徒達の

 無事を託したお守りのような存在だったのか

 もしれません。こういう小道具使い、結構シ

 ビレますよね。^^

中だるみっぽい回もあったし、日向の壊れ方がやや唐突だった感が無きにしも非ずですが、とにかくずっと極限下にあった生徒達がやっと救助される、視聴者も12回の放送を経ていつしか、麓にいる先生や保護者達と一心同体になってしまってたんですね。実際助け出されるシーンの感動的なことったら!窪田くん以外の俳優さん達も熱演でした。涙出たよ。

image.jpg無事生還を果たした5人にも、

決して明るい未来だけが待って

いるわけじゃなくて…日向は警

察に、モリコにも安らげる家庭

は用意されてませんでした。け

ど、ここで両親がいきなり和解

して娘を抱きしめてなくてよか

った。そのほうが、先に希望が

持てる気がするんですよね。

「もう逃げない」と言ったモリコの表情…未来を感じました。山下リオちゃんは先が楽しみな女優さん。窪田くんとは同じ事務所なんですね、この二人の共演は、ちょっとまた観てみたいと思いました。

image.jpg生徒達とともに精神的に大きく成長して「五十嵐先生」へと進化を遂げたんだね、いがピー(髪型も違うしw)

ここはちょっと、ケータイ7のラストを思い起こさせる顔かな…。前にも書いたけど、どうも随所にあのドラマを感じる… (^^;;

そして…最後にいがピーとともに大事な役割を果たした神矢兄妹に。マミコちゃんには本当に癒されたよ〜(涙)ありがとう!

image.jpg