読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全力日和

俳優 窪田正孝さんに前のめり

7年後の未来

959_large.jpg

東京オリンピックが、7年後に開かれることになりました。(しかし急だな)

なにしろ7年後です。あっという間かもしれませんが、実感湧きません。カノ嘘の制作が公になったのが3月。年末の映画かぁ、スパン長いなぁ〜なんて思いましたけど、五輪ともなるとスケール桁違い(笑)何をどう想像していいかも分かんないですね ^^;

自分は…子供達は…とりあえず7年後いくつになってるかを考え、その次は窪田さんです。開会式の時点で31歳、大会期間中に32歳になります。どんな俳優になっているでしょうね。

話は飛びますが、昨日今日と大河ドラマ「八重の桜」に心うち震えて困ってます(笑)これは窪田さんブログなんで詳細は省きますが、西島秀俊さん、オダギリジョーさん、長谷川博己さん、綾野剛さん…誰も彼も素晴らし過ぎて言葉になりません。

年齢は今日付でそれぞれ、42歳、37歳、36歳、31歳。お芝居を観る目は全然ない私ですけど、やっぱり相応の年月を重ねてこられた方々だなあ、と実感します。脂が乗るとはこういうことを言うのかな、と。言葉でうまく説明できませんが、窪田さんにはまだこの手の「脂」は感じられないですね ^^ そのかわり、宇宙規模の可能性をビンビンに感じてますけど(笑)

前はあまり思いませんでしたが、窪田さんの「今でしかできない役がある」という発言、最近はとても重みを感じます。そしてご本人が未来のために、とても大切に今を生きていることも分かって嬉しくなります。東京に聖火が灯る頃、彼はさらにいいオトコになっているでしょう!俳優として、色々なものを吸収し、それが脂となって滲み出ているに違いありません。(ヘンな例えですみません 笑)本当に楽しみです。

私も観戦したり、ボランティアで何か参加出来るといいな。そのために準備しなきゃ、などとちょっと自分が奮い立つようなキモチにもなりました。諸々懸念材料があるオリンピックですが、開催が決まったからには「希望」であり続けていてもらわないと!我らが窪田くんのように、ね。

今日は、若干年長者目線で語ってしまったな…ゴメンねw