読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全力日和

俳優 窪田正孝さんに前のめり

お前さぁ…ふざけんなよ(自分に言ってます)

今からすごーく不謹慎なことを書きます。サマヌ第8話の感想です。自分でも躊躇しましたが、後々思い返したい時もくるかもしれないので材料として書き残しておきます。しかし少々不謹慎すぎますので、読むのはあまりおすすめしません。個人の判断でお願いします。

じゃあ、書きますね、書きますよ。(ドキドキ)

今日の午前中に、こんなのが浮かんでしまいました。

M瀬さん、すみません!僕にはわかりません!

あぁ…僕もわからないから。

K子さんのセリフは「…(微笑)」の羅列だから

台本のセリフは、全部お任せだと思って楽しんで。

アタマで考えないでカラダで反応してやってくれれば

自然と、その流れに乗れるから

ごめんなさい。ごめんなさい。下衆い人間だから、私すぐにこういうことがアタマに浮かんでしまうんだよぉ(;;)しかも結構ちゃんと成立するじゃないか、この会話(どうしよう)

まぁこれは完全にジョークですが(とはいえ、あまりに嵌まっているので自分がビックリしてる w)「…(微笑)」の中身について、現場でちゃんとした議論がなされたことを願ってやみません。

ドラマが終わったときに、なるべく客観的にまとめられたらいいなと思っていますが、昨日までの段階で、やっぱりすごく気になるのは一事が万事「急にそんなこと言われても…」な事。第8話に限っていえば「え、そんな野望があったの?朝日くん」という感じで唐突感が否めません。しかも、これまでそんな描写が無かったツケで、他のキャラクターに(もしくは自転車独り語りで)セリフで経緯を説明させないと、場が持ちません。急に話が降って湧いてくるという印象。常に「これはこういう心情なんだな」と無理にでも思わないと、たちまちストーリーから置いていかれそうになります。ま、それは私の理解の無さによるものでもありますが。

さて。文句ばっかり言っててすみません。最後にいいなと思うことにも触れておきます。

演者の方々のアドリブでない事を前提として書かせて頂きますが、特に孝至の出てくるシーンのテンポ感、セリフの小気味良さは結構好みです。勝地さんの力によるところが多大だとは思いますが、先週の鍋のシーン、そして今週は男3人での飲み会。見ていて楽しかったです。座長さんの演技も、ここが一番嵌まっていると思いました。

あとはタイトルバック!今週は流れましたね。あれはすっごくいいし、実際私かなりリピしています。映像としてすごく入り込めるし、何より座長さんが!惚れ惚れするような美しさです。

なんだかんだ、心折れそうになりながらも、もう9本も記事を書いていますサマーヌード!実は気に入っているのか!?(それは多分…)けど、色んな気づきをもたらしてくれてるのは事実。だから観るぞ!残りは〜あと3回!