全力日和

俳優 窪田正孝さんに前のめり

完全に心が…

前回の第四話では、いくらか前向きな事を書いたつもりの月9ですが、今週第五話を観て、いよいよ危なくなってきました。なんというか…視聴するのがホントに厳しい。超厳しい。

これまでの期間は「女々しい!」とか「何それあり得ない!!」とか、負の方向ではありますが(苦笑)観てて心が動いてきたわけです。しかし今回は、それすらも無かった。心底「どーでもいい」と思ってしまったのです。もう観てないのと同じではないか…。

どうしよう。やっと折り返したとこなのに…。そして、こんなことになってみて初めて思いましたが「ストーリーに入れなくなってしまった」以上、光の動きを追うのにもなんだかスイッチが入らず…。役の心模様をあれこれ空想するのは、毎回楽しみにしてる作業なんですけどね…。

それがいちばん嫌だよーーーーー!!!!!!

演じている窪田さんに死ぬほど申し訳ない…。

「無関心は、嫌われるより辛い」

なんかどこかで聞いたことあるようなフレーズですが、いまの私、こんな心境かも。「嫌い!このドラマ」の更に下を行ってしまってるんでしょうか。前にフォロワーさんに「過去作でそういう気持ちになったものはないんですか?」と聞かれたことがありますが、自信を持って言えます、ないです!!( ; ; )

認めてはいけないような気がしますが、偽らざる今の心情です。来週以降浮上できたら、またこのカテゴリで報告します…。