全力日和

俳優 窪田正孝さんに前のめり

バンバンぶつかれ

力強くアリダを演じて、アリダを通して、蜷川さんにバンバンぶつかっていきたいなと思っています。

いいフレーズだなあ。

umegeiweb-b.tiff 舞台「滝の白糸」の記者会見の模様と、梅 田芸術劇場さん独自の素材を合わせたイン タビュー動画。このところ、ガッツリ作品 を観る時間がなかなか取れないのですが、 ならば、と2分38秒の窪田君を、繰り返 し愛でています。

この会見が行われたのは大型連休明けぐらいだったと記憶しています。同じく蜷川舞台の「盲導犬」との合同会見。上から目線で申し訳ありませんが、本当に立派でした。かなりお母さんなキモチでした(笑)居並ぶ先輩方の中にあって、謙虚でありながらも堂々としていて…誇らしさに胸がいっぱいになりました。

ところで…私の知っている窪田君はせいぜいここ半年くらいなので、実はこのくらいしっかりしている、というのが「デフォルト」状態。他のフォロワーさんが「しっかりしてきたねぇ〜」とか「立派になったねぇ〜」というのは、実はあまり実感がなかったのです。

ま、ネプリーグの「持っている」感は目を見張るものがありましたが。^^;

studiopark.tiff そんな中、最近になって頂き物で、2009年

 2月にOAされた窪田君の「初生放送のトーク

 番組ゲスト!」という映像を見ることが叶い

 ましたが、驚きました。そりゃあもう半端な

 い慌てぶり… いや、あのね。この頃二十歳

 くらいですか?今時素人さんのほうが場慣れ

 してるのではという感想を持つほどでした。

窪田正孝という人は、お芝居以外の部分も規格外。4年前のお姿は正直色んなものがまだ身に付いてなくて「気が回ってない」という印象でした。素材そのまんま、という感じです。そこからあれだけ変われるのって、凄い(笑)あの滝の会見に到達するまでに、何があったのかなと。色々学んで、時々怒られたり凹まされたりしたこともあったのかな、なんてことも、つい彼より長く生きてる身としては(笑)考えちゃいました。

とにかく、限定されない魅力を放つ人です。この滝の会見もまた通過点。もっと上に、さらに大きな姿を今後も見せていってくれるでしょうね。

とても楽しみです。