読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全力日和

俳優 窪田正孝さんに前のめり

生マサの魅力

今日は、ガチバンのイベントに窪田さん緊急参戦みたいですね〜。

私はお家でお留守番です。 ^ ^

この生活が始まって半年ちょいになりますが、

関東在住という有難い環境もあって、おかげさまで

6度ほど生でご本人を拝見する機会に恵まれております。

今日は記念すべき「初!生マサ体験」のツイの中から。

以下、一部は抜粋です。

2013年02月03日(日)

不思議なもので、姿をみたら発狂するんじゃないかと思ってたんだけど、案外自分、冷静でした。むしろ見たら結構落ち着いっちゃって、そのあとよそ見をする余裕すらあった(笑)

みなさん口を揃えておっしゃる「顔ちっちゃ〜い」ですが、実は想定がすごくちっちゃかったので、そこにはあまり驚かず。。。むしろ、彫りの深さに目を奪われました。眉間の部分から鼻筋にかけての高低差がかなりあってキレイでした。あと、色が白いので唇が赤い!

すごい美少年に見えたり、男っぽく見えたり、子供、あるいは女の子、はたまた猫に見えたりと(笑)こぅ…演技同様に定義しがたい魅力を放ちまくっておりました。

うちへ帰ってきたあとも、やっぱりよく分かりません。ほんとにほんとに不思議な人だなあ。。。というのが正直な感想です。

とまあ、これはヨコハマ映画祭の授賞式を観に行ったときのものですが、いやホント。もっと「うわああああ」って、アガリまくると思ってたんですよね。ところが実際は…現実感がない!リアルに起こってるという感じがしない。穴が空くほど見つめてるのに、ホントにそこに居るのかどうかすら自信が持てない。

blog用.jpeg.tiff それでも、回数重ねたらこんなフワフワした感想じゃ なくて、 もっとしっかり印象を語れるはず!と思っ ていましたが、そうでもないんだなー、これが。こち らは先月のご本人ですが、あれ〜? 確かにこの方とハ イタッチしたはずなんだけどな〜。こんな顔の人だっ たっけ〜?(笑)自分の網膜に刻んだ姿とも、また違 う…。

役柄によって様々な顔を見せてくれる窪田くんですが、実際も「こう!」と定義できないところが最大の魅力なんですかね。(苦笑) ご本人の生のお姿については、いまだに「初見」のときに感じたことから脱却できてません。いくら回数重ねてもダメなんじゃないかと、実をいうともはや降参モードです… ^^;

他の俳優さんのファンだったら、また違う感想になるのかなあ…。

う〜ん…。